女子高生のための生命科学の本

――いのちの音がきこえますか
柳澤桂子著

病を経て語り部となった生命科学者が、若い女性に向けて書いた伝言。生命の歴史からDNAの二重らせん、タンパク質の合成、遺伝子・・と、内容は高度ですが、文章は朗読できるように優しくあたたかく書かれていて、生命あるものをいとおしむ気持ち、科学を愛する気持ちが伝わってきます。



女子高生のための生命科学の本
税込 1,620円
(本体1,500円 + 消費税120円)
cart 数量